青汁 ホット

材料の1つと侮るなかれ。熊笹は青汁の重要な選手!

熊笹、というものをご存じでしょうか。健康に強い関心のある方なら聞いたことがあるかもしれませんが、多くの方にとって聞いたことのないものだと思います。熊「笹」というだけあって笹の仲間で、実は正式には隈笹です。葉が隈取りされているのが由来なのですが、すっかり熊笹で定着していますから、今ではどちらも正しい呼び方と言えますね。

この熊笹ですが、古くから葉を陰干しして茶葉とし、お湯に入れて飲む「熊笹茶」として親しまれていました。免疫力の強化や高血圧、糖尿病の予防、抗菌作用など、様々な効果があるのですが、これを青汁の材料にして飲むこともあるんです。中国では漢方の材料としても認められていますから、その効果は確かなものですね。

青汁にして飲むと便秘にも効果があるのですが、これは熊笹の食物繊維が他の野菜に比べて多い為です。実は熊笹の青汁も市販されていますので、気軽に飲みたいなら、そちらを試してみるのが一番ではないでしょうか。味はやや笹っぽい…?いや、ほんのり笹の香りがして、清涼感を感じます。

熊笹自体、スーパーなどで見かけることはありません。ドラッグストアなどで熊笹茶や熊笹青汁として見かけることはできますので、入手するならこの方法ですね。山へ行けば沢山生えていますが、取る場合は山の所有者を確認の上でお願いいたします。国の私有地の場合は、各都道府県の役所や環境庁などで許可が得られるはずです。

熊笹は青汁の材料としては今一つ知名度の低いものですが、確かな健康をもたらしてくれるものです。もしあなたが高血圧や糖尿病に悩んでいたり、抵抗力を上げたいという場合にはうってつけの素材です。その他近くで熊笹が入手できる環境にいるなら、青汁に加えて飲んでみるのもいいですね。青汁に入れる素材として、熊笹も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。隠れた名選手ですよ。

まさかの出会い!緑黄色野菜ジュースときな粉のオイシイ関係

きな粉。おいしいですよね。お餅に付けて食べたり、だんごにまぶして食べたり。牛乳に入れたり、ヨーグルトやトーストにまぶしたりするのも美味しく頂けます。そんなきな粉ですが、青汁に入れて飲む方法もあることはご存じでしょうか。

きな粉は、大豆を炒ってすり潰した粉です。大豆は「畑の肉」と呼ばれているぐらい栄養価の高い食品で、ビタミン、ミネラルは勿論のこと、野菜ではなかなか取れないタンパク質を豊富に含んでいます。また、きな粉に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た効果を持っており、美肌効果や自律神経の安定、髪の健康にも効果があります。

青汁に加えることで、きな粉のタンパク質と青汁のビタミン、ミネラルが摂取できます。総合的に見て非常にバランスのとれた栄養が摂れるのは最大の魅力ですね。それだけでなく、きな粉の甘味や優しい味わいが、青汁を飲みやすくしてくれる点もポイントも見逃せません。

そんなきな粉ですが、1点注意すべき点があります。それは「以外とカロリーが高い」点で、大体ひとつまみ(2g)程度で9キロカロリー。これは砂糖とほぼ同程度のカロリーですので、以外な数値ですよね。(砂糖は2gで8キロカロリーです)きな粉は1日20g程度が適量と言われていますので、そのぐらいを目安に毎日摂って頂ければ大丈夫です。とはいえ、大さじ+小さじ1杯ずつですから以外と多いかもしれません!?

自家製の青汁にきな粉を加えるのも勿論いけますし、市販の青汁に、きな粉を加えて飲むのもいい方法です。そして健康効果や飲みやすさが認められたせいか、ズバリ青汁きな粉といった製品も売られているほどなんですよ。プロも認める味と栄養…といったところですね。

いかがでしたでしょうか。青汁にプラスきな粉。簡単で、以外と思いつかなかった組み合わせではないでしょうか。それでもこのように栄養価は高いものですし、何より飲みやすくなることで毎日飲みやすくなる点が大きな利点と言えそうです。あなたも、青汁+きな粉で、味と健康の両立を体験してみませんか。

しっかり理解しておきたい!…そんな青汁の健康効果を調べよう!

青汁が健康にいいことは、多くの方が知っていますね。それでは具体的に、どう良いのでしょうか。そう言われると、詳しく説明できないですよね…。何となく知っているけど、実は詳しく知らない。そんな青汁の概要を調べてみました。

まず、青汁の定義ですが、「緑黄色野菜を使ったしぼり汁」の総称です。なので広義ではトマトジュースも青汁になりますね。(むしろ赤汁ですが…。)キャベツなどの葉物や果物も使われる場合が多いですが、緑黄色野菜も使っていれば、りっぱに青汁と言えます。そんな青汁、元々は主に九州地方で飲まれていたものですが、1990年代あたりから全国的に広がってきました。

次に青汁の健康効果。これは使用する素材により様々ですが、多くの素材(ここでは野菜?)で共通して言えることは、「ビタミンやミネラルが豊富である」「食物繊維が豊富である」ことが挙げられます。これは不足しがちな栄養素を補ったり、腸をきれいにしてくれる効果があります。あとは使用する素材により、抗酸化作用や血液サラサラ効果、コレステロール値を正常に保つなど、様々な効果もありますね。

また、素材を加熱せず生で摂りますので、酵素がたっぷりで消化吸収が高く、消化器系に負担がかかりにくいという特徴もあります。ただし沢山摂りすぎると、栄養を吸収しきれなかったり消化不良でお腹を壊すのでご注意を。

以上が、青汁の全体的な特徴です。野菜だから体にいい!というのは、ある意味正解ですが、青汁ばかりですと栄養が偏りますので、いろんなものをバランス良く摂りたいですよね。青汁のもたらす効果を理解した上で、今後も上手につきあって頂ければ幸いです。

どれが一番?青汁を材料別に比較した検証結果がこれだ!

いつも食べたり飲んだりしているものに関して、なんとなく材料を選ぶより、美味しいものや栄養がつくもの、コストパフォーマンスの高いものを選びたいですよね。たとえば健康目的で飲む青汁ですと、栄養重視で選ぶのが大多数ではないでしょうか。よく使われる素材を幾つかピックアップして、その栄養素を見ていきましょう。
例えば青汁でよく活用される小松菜。カルシウムが豊富で吸収率も高く、更に鉄分も豊富ですので骨を丈夫にしたい方や貧血が気になる方にオススメできます。ブタミンA、C、Eなども含まれている上に抗酸化作用も期待できますので、がん予防にも一役買ってくれるという一面も。

旬は夏ですが、ハウス栽培のおかげで年中楽しめるトマトも良く使われる素材ですね。リコピンという栄養素が免疫力を高めたり、血液をさらさらにする効果、老化防止などにも役立ちます。カリウムも豊富ですから、体内の余分な塩分を出してくれるという効果も持っています。

セロリもくせがありますが、比較的人気の素材です。カリウムやカルシウムも豊富なほか、あの独特の香りが精神を安定させる効果があったり、解毒効果も持っているすごい素材です。更にセロリに含まれるメチオニンは、肝機能の正常化やコレステロール値を正常にする作用も持っています。

般的に野菜は旬のものが栄養価が高めになっていますので、これも覚えておいて損はないのではないでしょうか。多く出回るため安めで買えますから、旬の野菜は青汁自作派には強い味方です。春にはセロリやキャベツ、夏にはトマトやモロヘイヤ、秋だとブロッコリーやにんじん、冬にほうれん草や小松菜…。その他沢山ありますので、興味のある方は調べてみても面白いですね。

一方で市販品は、ケールや大麦若葉が主流です。ケールはキャベツの原種と言われており、抗がん作用や各種ビタミン、食物繊維も豊富です。味は青臭さが目立ちますが、市販品は緑茶をまぜたり味を調節している場合がほとんどですので飲みやすくなっていますよ。

大麦若葉は文字通り、大麦を若いうちに採取したものです。こちらは単体でも飲みやすく、各種ビタミンやミネラルはもちろんのこと、カテキンや食物繊維も豊富で、SOD酵素という、がんを予防する栄養素まで!現在の市販されている青汁で主流になっているのも納得できますね。ケールも大麦若葉も、素材自体が入手しにくいですから、市販の青汁で摂取するのが一番ですね。

様々な素材に、様々な栄養が詰まっていることがお分かり頂けたでしょうか。つまり、季節やあなたの体調によって一番いい青汁は変わってきます。それを見極めるために、旬の材料や、それに含まれる栄養素や効果を理解するのはいかがでしょうか。きっとあなたにとって一番いい青汁が見つかるはずですよ。

花粉の季節にチェックしたい!青汁で花粉症を予防する方法

春を始めとして、季節の変わり目などによく見られる花粉症。実に日本国民の4人に1人がかかっていると言われますので、たとえ花粉症でない方も軽視できない事態ですよね。(花粉症でない方も、花粉を吸い続ければいつか発症してしまうのが花粉症です!)目がしばしばしたり、くしょみや咳が止まらなかったり…。爽やかな春なのに、憂鬱になってしまうのも悲しいことです…。

この花粉症、近年では症状を和らげる薬も出てきており本当に助かるのですが、更に青汁で花粉症を予防したり、症状を和らげたりできることはご存じでしょうか。即効性はないのですが、じわじわと抵抗力を上げてくれますので、青汁を毎日飲んでいれば、次の季節には花粉症知らずの体も夢じゃないかもしれませんよ。

では、青汁のどんな成分が花粉症改善に役立っているのでしょうか。代表的なのがビタミンAとビタミンCですね。ビタミンAは皮膚や粘膜の修復に役立ち、ビタミンCは免疫力を高めてくれます。腸内環境を整えて血流を正常に保ってくれる食物繊維も有効成分ですね。地味ながらもしっかり役立つ栄養素です。

更に研究段階ですが、青汁にも含まれる「ナチュラルキラー細胞」という何だか強そうな細胞も影響しています。ズバリ免疫力を高めてくれる栄養素ですが、今後の研究が期待されますね。(がん細胞にも効果アリです)余談ですがヨーグルトなどにも確認されていますので、青汁と共に頂くのもいかがでしょうか。

青汁は薬ではなくて体質を変えていくものですから、すぐに効果を表すものではありません。じわじわと効果を表しますから、花粉症がひどくなる月の2~3か月前あたりから始めるのがベストですね。言い換えれば、薬のように一時的に防ぐのではなく、じっくり時間をかけて耐性の強い体作りをしてくれるものです。

青汁は毎日飲むことで花粉症以外にも全体的な健康をもたらしてくれるものですから、花粉症の季節だけ飲むのではなく、毎日飲むのもいいのではないでしょうか。習慣化できれば花粉症の季節をあまり気にしなくてすみますし、その他の花粉症に対する予防もできますからね。あなたも青汁で、花粉症しらずの体づくりをしてみませんか。手軽にできる優秀な体ケアです。

まずい緑黄色野菜ジュースも問題ない!?おいしい飲み方大研究

青汁や緑黄色野菜ジュースのイメージは、あまり美味しくないというのがまっ先に思いつくのではないでしょうか。青汁が提唱された当初は、「ケール」と言われる、栄養価は高いものの青臭さが目立つ飲みにくい青汁でした。ですが現在は、改良や様々な素材も試されて、とても飲みやすくなっているんですよ。

たとえば市販されている青汁は、青麦若葉を主成分としたものが増えています。これは栄養素は高いまま、青臭さの目立たない飲みやすい素材ということで、現在青汁の主流になっています。後は緑茶やオリゴ糖、はちみつを加えたものもあり、昔と比べて各段に飲みやすくなっています。

それでもやっぱり苦手だな…。という方には豆乳や牛乳、100%ジュースで割る方法をオススメできます。青汁にまろやかさが加わって、飲みやすくなるんですよ。オリゴ糖やはちみつを更に加えても良いですが、あまり加えすぎるとお腹がゆるくなる場合もありますのでご注意を。粉末の青汁でしたら、料理に加えたりヨーグルトに混ぜて頂く方法もあります。以外と悪くないですよ。

市販品ではこのようにプラス何かを入れることで飲みやすくなりますが、自家製の青汁はどうでしょうか。これも基本的に、飲みやすくなる材料を加えるという発想ですね。野菜だけでは飲みにくいですので、果物や、先ほども出たオリゴ糖、はちみつ、豆乳などをプラス。こられの比率を上げると飲みやすくなりますよ。毎日色々試していると、それぞれの気に入った素材が見つかるはずですから、冒険気分で試して頂ければ幸いです。

青汁は栄養を補ったり、健康を維持するためにはとても良い飲み物です。できれば毎日摂りたいので、いやいや飲むよりは美味しく、楽しく飲みたいものですよね。様々な方法で美味しく飲めますので、青汁を敬遠せず、色々と試して頂ければ幸いです。健康も大切ですが、続けるには美味しさを!そんな提案でした。

青汁だから可能!?飲み続けて中性脂肪は減らせるか

健康診断や今の体重で、やっぱり中性脂肪が気になる…なんて方もいらっしゃるかと思います。中性脂肪を減らすには、適度な運動や食事療法などがまっ先に思いつきますね。そんな改善法の1つとして、青汁はいかがでしょうか。

食事療法では、具体的に食物繊維やビタミンC、ビタミンB群、ベータカロチンなどが特に有効です。これ、良く考えると全て野菜で補えると思いませんか?そうです。野菜を原材料とした青汁は、中性脂肪を改善するにはうってつけの飲み物なんです。

青汁は、ドラッグストアなどで手軽に入手できますし、粉末状のものが殆どですから、水や豆乳、牛乳などで溶かして飲むのが一般的です。他にはミキサーがあればご自宅で自作することも可能ですね。とれたての野菜をそのままフレッシュジュ-スにすれば、栄養価もバッチリです。まずはにんじん+リンゴあたりから始めるのはいかがでしょうか。比較的飲みやすいですよ。(青汁というより赤汁ですが…)

ただし、中性脂肪を下げられるからといって、青汁ばかり飲むのはオススメできません。栄養をバランス良く摂ることが、中性脂肪を下げて、より健康になるための道ですからね。何より食べる楽しみがある方が、毎日を楽しく過ごせますから、あまり神経質にならずに、いつもの食事に青汁を1杯足すぞ!あとはお酒や油ものは毎日摂らずに、たまに程度…ぐらいの気持ちで臨んでもいいのではないでしょうか。

以上のように、中性脂肪を下げるには青汁は極めて有効と言えます。あなたも中性脂肪が気になりだしたら、青汁を始めて見ませんか。いや、中性脂肪が気になる前の健康的な習慣としても、青汁は本当にオススメできるものです。青汁は、毎日飲みたい健康飲料ですね。

野菜を使うジュースだから気になる…放射能のリスクを考えよう

年不安視されている、野菜などに含まれる放射能。原発の事故から大きく取り上げられていましたが、数年後はあまり報じられることは無くなりました。それでは、放射能のリスクはもうなくなったのでしょうか。結論から言うと、ある!…かもしれません。

放射能は目に見えません。ですので確認は困難で、専用の測定器を使い計測します。当初はホウレンソウなどの葉が大きく空気中にさらされるものは大きな影響を受け、危険でした。現在は測定値は低下して、比較的安全度は上がっています。ただ、「安全度は上がっている」だけで、依然として放射能値は他の地域と比較して大きい…というのが正直なところです。

とはいえ、国内には放射能基準値が設定されており、これ以下の値なら安全という基準がありますので「比較的」安全と言えそうです。乳幼児は、大人と比べて放射能に対する抵抗力が弱いと言われています。(3~10倍程度との噂ですが、根拠は不明です)ですので、気になるようでしたら生産地をしっかり確認した上で購入していただければと思います。

前例が少ないため、放射能が体にもたらす影響はまだよくわからない…というのが正直なところですが、避ける、避けないは各自の安全基準に委ねるのが良さそうです。ただ、日本の放射能基準を信じるならば、(あまり無責任なことは言えませんが)概ね安全と言えます。個人的には放射能基準をあまり気にしていません。加工品にもこういった野菜は使われていることがありますし、気にしすぎると気が滅入るタイプですので…。

あとは「他より放射能が多くて不安だ」というイメージですね。このイメージがあるからこそ、やはり躊躇してしまうのではないでしょうか。結果として放射能リスクが少しでもある地域でとれた野菜は市場から敬遠され、結果として現地の農家は大きな経済打撃を受けています。そういった地域の活性化を図る意図で野菜を買うのも、またひとつの価値観と言えるのではないでしょうか。買う、買わないは、あなた次第です。

不妊治療に効果はあるのか!?青汁の可能性に迫る

ネットでささやかれている、不妊治療に青汁は効果はあるのか、それとも無いのか。個人的にはあると考えています。例えば不妊の原因に、血行不良や便秘など、健康状態の悪化が絡んでいるとして、それを青汁で改善できたなら十分に効果は見込めるはずです。

後はホルモンバランスがとれていないことも、原因の1つとして挙げられるのではないでしょうか。これも食生活で十分に改善できる要素ですので、青汁で健康状態を保つことができれば、効果はアリだと考えるのは妥当ですね。

血行不良には緑黄色野菜やタマネギ、便秘には食物繊維たっぷりの野菜と、青汁には健康をもたらしてくれる栄養素がたっぷり詰まっています。これなら栄養バランスを損なうことはないですし、不妊改善にむけての土台はしっかりと作ることができそうですね。

青汁は手作りでもいいですし、市販品でも概ね大丈夫です。どうしても気になるようでしたらお医者様に相談するのも良いですね。市販品に添加物が入っているかも…というのが心配でしたら、手作りをオススメします。ミキサーがあれば、以外と簡単にできますよ。

青汁はあくまで健康食品ですから、薬のように劇的な効果はありません。ですが毎日摂ることで体質が改善されますから、きっと多くの方にとって有効な手段だということは確信しています。あなたも不妊に悩んでいるようでしたら、青汁を試してみませんか?不妊だけでなく、健康にも良い結果をもたらしてくれますから、やって損はない習慣です!

これは便利!青汁を宅配してくれるサービスの仕組み

青汁を飲む際、自宅で材料を買ってきて作る派と、市販品を買ってきて飲む派に大きく分かれます。自宅で作る派は、いろんな材料を自分好みに選んで作る楽しさがありますし、市販品派は圧倒的なお手軽さが魅力です。どちらも嗜好やライフスタイルに合わせて選べるのが魅力ですし、どちらも良い習慣ですよね。今回はもっと手軽な、青汁の宅配サービスについて紹介しようと思います。

青汁が飲まれるようになった初期の頃は、栄養を重視して「ケール」という野菜が使われていました。ですがこれ、青臭くて飲みにくいシロモノだったんです…。近年の青汁は栄養価も高く、青臭さの少ない「大麦若葉」が主流で、とても飲みやすいものになっています。ですが大麦若葉ってあまり店頭で見かけませんので、結局は市販品に頼るのが無難という状況です。

ですが、言い換えれば青汁作成のプロが加工した青汁を定期的に忘れることなく飲めるのはメリットと言えます。宅配の形態もいろいろあり、基本的にどれも定期的に届くのは同じですが、これが粉末状か、そのまま青汁で来るかの違いもあります。そのまま来るものは、ちょうど牛乳配達の牛乳を飲む感覚で飲めるのが嬉しいですね。粉末は送料が比較的安くつくのも魅力です。

ちょっと変わったものですと、青汁の材料が送られてくるのもありますよ。その材料を全てミキサーに入れて飲むので、まさに新鮮で栄養価が高い青汁が楽しめるといわけです。買い物の手間はもちろん、元々材料がカットされていますから余分なゴミが出ないのも密かな魅力ですね。

宅配サービスは、ネットで検索すれば以外に多く出てきます。もしご利用されるのであれば、色々見て、あなたに合いそうなものをまず注文してみてはいかがでしょうか。合わなければまた別のところで注文すればいいですし、まずは体験してみるのも悪くありませんよ。

宅配サービスは手軽だけでなく、青汁のプロが、あなたの健康状態に応じてオススメできる強みもあります。餅は餅屋なんて言いますが、やはりプロの技術と知識は頼りになりますね。あなたも健康な習慣として、青汁の宅配サービスを試してみませんか。思った以上に、便利で快適かもしれませんよ。