吸収率の高い青汁の紹介と作成方法

せっかく飲むんだから気にしてみよう!最も吸収率の高い青汁摂取方法

毎日できる健康的な習慣といえば青汁ですね。実はこの青汁組み合わせやアイデア次第で、栄養の吸収率がアップすることはご存じでしょうか。知っておけば、より健康的な青汁を飲むことができますし、あなたの気になる症状に有効な青汁を作ることも可能なんです。

例えば…主にブドウ等の果物に含まれ、抗酸化作用などで知られるポリフェノール。これに玉ねぎやブロッコリー等に含まれるケルセチンが加われば、ポリフェノールの吸収率は数倍アップします。(ただし味は自己責任でお願いいたします…。)味も重視したいのでしたら、ポリフェノールたっぷりのフレッシュジュースに玉ねぎやブロッコリーのサラダなんかはいい方法ですね。

味と健康の両方に気を付けたいのでしたら、フルーツ+野菜などはいかがでしょうか。フルーツのビタミンCが、野菜に含まれる鉄分の吸収率をアップしてくれますので、特に女性にはオススメしたいです。野菜ですと大根の葉や小松菜、ほうれん草などは、鉄分が豊富ですね。小松菜+リンゴ多めの青汁でしたら、比較的飲みやすいのではないでしょうか。

あとは野菜や果物ではないですが、オリゴ糖もカルシウムの吸収を促進してくれる素材です。甘味もありますので、青汁を飲みやすくするためにも役立ちますよ。実は小松菜には100gあたり170mgもカルシウムが含まれています。牛乳が110mgという点から考えると、いかに優秀な食材かが分かりますね。小松菜にオリゴ糖、牛乳やフルーツを少々加えると、健康的で比較的おいしい青汁ができますよ。

また、組み合わせの他に、飲む時間帯も関係しています。朝起きてすぐの状態は寝汗や呼吸から水分が失われて人体が栄養を欲しがっている状態で、吸収が高いことがわかっています。消化機能が最も活性化する時間帯は12時~20時で、この時間に摂取するのも有効ですね。ですので青汁を飲むタイミングは、起きてしばらくたった後や、寝る前「以外」は、より効果が高いと言えます。

以上のように、さまざまなアイデアで栄養の吸収率を上げることができます。気になる症状別に毎日飲むのも良いですし、旬の野菜やフルーツで色々と試してみるのもいいですね。栄養の吸収も意識しつつ、あなたの自由に楽しみながら健康を心掛けてみませんか。こういう試みも、なかなか楽しいですよ。