緑黄色野菜ジュースの、おいしい飲み方紹介

まずい緑黄色野菜ジュースも問題ない!?おいしい飲み方大研究

青汁や緑黄色野菜ジュースのイメージは、あまり美味しくないというのがまっ先に思いつくのではないでしょうか。青汁が提唱された当初は、「ケール」と言われる、栄養価は高いものの青臭さが目立つ飲みにくい青汁でした。ですが現在は、改良や様々な素材も試されて、とても飲みやすくなっているんですよ。

たとえば市販されている青汁は、青麦若葉を主成分としたものが増えています。これは栄養素は高いまま、青臭さの目立たない飲みやすい素材ということで、現在青汁の主流になっています。後は緑茶やオリゴ糖、はちみつを加えたものもあり、昔と比べて各段に飲みやすくなっています。

それでもやっぱり苦手だな…。という方には豆乳や牛乳、100%ジュースで割る方法をオススメできます。青汁にまろやかさが加わって、飲みやすくなるんですよ。オリゴ糖やはちみつを更に加えても良いですが、あまり加えすぎるとお腹がゆるくなる場合もありますのでご注意を。粉末の青汁でしたら、料理に加えたりヨーグルトに混ぜて頂く方法もあります。以外と悪くないですよ。

市販品ではこのようにプラス何かを入れることで飲みやすくなりますが、自家製の青汁はどうでしょうか。これも基本的に、飲みやすくなる材料を加えるという発想ですね。野菜だけでは飲みにくいですので、果物や、先ほども出たオリゴ糖、はちみつ、豆乳などをプラス。こられの比率を上げると飲みやすくなりますよ。毎日色々試していると、それぞれの気に入った素材が見つかるはずですから、冒険気分で試して頂ければ幸いです。

青汁は栄養を補ったり、健康を維持するためにはとても良い飲み物です。できれば毎日摂りたいので、いやいや飲むよりは美味しく、楽しく飲みたいものですよね。様々な方法で美味しく飲めますので、青汁を敬遠せず、色々と試して頂ければ幸いです。健康も大切ですが、続けるには美味しさを!そんな提案でした。