青汁で花粉症を予防する方法

花粉の季節にチェックしたい!青汁で花粉症を予防する方法

春を始めとして、季節の変わり目などによく見られる花粉症。実に日本国民の4人に1人がかかっていると言われますので、たとえ花粉症でない方も軽視できない事態ですよね。(花粉症でない方も、花粉を吸い続ければいつか発症してしまうのが花粉症です!)目がしばしばしたり、くしょみや咳が止まらなかったり…。爽やかな春なのに、憂鬱になってしまうのも悲しいことです…。

この花粉症、近年では症状を和らげる薬も出てきており本当に助かるのですが、更に青汁で花粉症を予防したり、症状を和らげたりできることはご存じでしょうか。即効性はないのですが、じわじわと抵抗力を上げてくれますので、青汁を毎日飲んでいれば、次の季節には花粉症知らずの体も夢じゃないかもしれませんよ。

では、青汁のどんな成分が花粉症改善に役立っているのでしょうか。代表的なのがビタミンAとビタミンCですね。ビタミンAは皮膚や粘膜の修復に役立ち、ビタミンCは免疫力を高めてくれます。腸内環境を整えて血流を正常に保ってくれる食物繊維も有効成分ですね。地味ながらもしっかり役立つ栄養素です。

更に研究段階ですが、青汁にも含まれる「ナチュラルキラー細胞」という何だか強そうな細胞も影響しています。ズバリ免疫力を高めてくれる栄養素ですが、今後の研究が期待されますね。(がん細胞にも効果アリです)余談ですがヨーグルトなどにも確認されていますので、青汁と共に頂くのもいかがでしょうか。

青汁は薬ではなくて体質を変えていくものですから、すぐに効果を表すものではありません。じわじわと効果を表しますから、花粉症がひどくなる月の2~3か月前あたりから始めるのがベストですね。言い換えれば、薬のように一時的に防ぐのではなく、じっくり時間をかけて耐性の強い体作りをしてくれるものです。

青汁は毎日飲むことで花粉症以外にも全体的な健康をもたらしてくれるものですから、花粉症の季節だけ飲むのではなく、毎日飲むのもいいのではないでしょうか。習慣化できれば花粉症の季節をあまり気にしなくてすみますし、その他の花粉症に対する予防もできますからね。あなたも青汁で、花粉症しらずの体づくりをしてみませんか。手軽にできる優秀な体ケアです。