効果的な青汁摂取量の解説

体にいい健康飲料!一番効果的な摂取量は、はたしてどのくらい?

毎日フレッシュな野菜から健康飲料を作って飲んでいる方もいるのではないでしょうか。手軽に沢山の野菜が取れますし、無理なく栄養が補給できる、とても素晴らしい方法ですよね。ですが、この健康飲料、一体どの程度飲むのが正しいか考えたことはあるでしょうか。あなたにとってのベストな量を把握することで、健康飲料は最良の効果を発揮することができます。毎日続けたいものですから、覚えていきたいですね。

さて、この適正量、一般成人で野菜を1日に350グラム以上が適正量と言われていますので1日3食頂くならコップ半分~2杯程度が適正と言えます。(100~300ml程度?)朝は健康飲料で、昼、夜は普通に野菜を含んだ食事とすれば、バランスよく栄養が摂れるでしょうし、3食全てに健康飲料を添えつつ食事を楽しむのも悪くありません。

ただ、いくつか注意点があります。1回で350グラム以上の野菜から健康飲料を作って一気飲みしてもいいのかもしれませんが、1度に沢山摂取しても、人間の栄養吸収量には限界があります。あまった分はそのまま排出されてしまうのでムダになる可能性が高いですね…。市販の青汁などは、1日の適正量が書かれているものがほとんどですので、まずはこちらを試すものいいですね。

また、健康飲料は摂りすぎるとお腹がゆるくなる副作用もあり、これは健康飲料に含まれる食物繊維が原因です。更に生野菜には余分な塩分の排出や代謝を促すカリウムがたっぷり含まれていますが、これも摂りすぎてしまうと不整脈や血圧の低下を引き起こしてしまいます…。とはいえ、ほどほどの量を守って毎日摂って頂ければ大丈夫ですので、そういうこともあるんだな程度に心に留めておいて頂ければ幸いです。

体にいい健康飲料も、摂取量を誤れば逆効果になってしまう場合もあるので注意が必要です。何事も、適正が一番という所でしょうか。あまり気にしすぎるのはストレスになる恐れがありますが、あなたも自分自身の適正量を把握して、毎日の健康飲料を、より効果の高いものにして頂ければと思います。