青汁きな粉の紹介と解説

まさかの出会い!緑黄色野菜ジュースときな粉のオイシイ関係

きな粉。おいしいですよね。お餅に付けて食べたり、だんごにまぶして食べたり。牛乳に入れたり、ヨーグルトやトーストにまぶしたりするのも美味しく頂けます。そんなきな粉ですが、青汁に入れて飲む方法もあることはご存じでしょうか。

きな粉は、大豆を炒ってすり潰した粉です。大豆は「畑の肉」と呼ばれているぐらい栄養価の高い食品で、ビタミン、ミネラルは勿論のこと、野菜ではなかなか取れないタンパク質を豊富に含んでいます。また、きな粉に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た効果を持っており、美肌効果や自律神経の安定、髪の健康にも効果があります。

青汁に加えることで、きな粉のタンパク質と青汁のビタミン、ミネラルが摂取できます。総合的に見て非常にバランスのとれた栄養が摂れるのは最大の魅力ですね。それだけでなく、きな粉の甘味や優しい味わいが、青汁を飲みやすくしてくれる点もポイントも見逃せません。

そんなきな粉ですが、1点注意すべき点があります。それは「以外とカロリーが高い」点で、大体ひとつまみ(2g)程度で9キロカロリー。これは砂糖とほぼ同程度のカロリーですので、以外な数値ですよね。(砂糖は2gで8キロカロリーです)きな粉は1日20g程度が適量と言われていますので、そのぐらいを目安に毎日摂って頂ければ大丈夫です。とはいえ、大さじ+小さじ1杯ずつですから以外と多いかもしれません!?

自家製の青汁にきな粉を加えるのも勿論いけますし、市販の青汁に、きな粉を加えて飲むのもいい方法です。そして健康効果や飲みやすさが認められたせいか、ズバリ青汁きな粉といった製品も売られているほどなんですよ。プロも認める味と栄養…といったところですね。

いかがでしたでしょうか。青汁にプラスきな粉。簡単で、以外と思いつかなかった組み合わせではないでしょうか。それでもこのように栄養価は高いものですし、何より飲みやすくなることで毎日飲みやすくなる点が大きな利点と言えそうです。あなたも、青汁+きな粉で、味と健康の両立を体験してみませんか。