桑の葉青汁の栄養成分や効能の解説

最強青汁の一角!?桑の葉青汁の効果を徹底検証!

あなたは青汁をつくる際、どんなものを入れているでしょうか。ケール、ニンジン、ブロッコリーetc…色々ありますが、桑の葉というのはご存じでしょうか。葉はもちろん、実はもちろん枝や根の皮までも漢方として使われている、健康効果が高い植物です。この桑の葉、効果が高いなら青汁の材料としてチェックしておきたいですね。

桑の葉は各種ビタミンの他、亜鉛や鉄、マグネシウム、カルシウムといったミネラルも含まれています。特筆すべきはカルシウムで、小松菜の1.5倍にも!これは牛乳の約2.5倍相当ですから、桑の葉の高い効果がご理解いただけるかと思います。鉄分も小松菜の15倍ですから、女性にもオススメしたいですね。

これだけではありません。桑の葉で注目されている成分に、「デオキシノジリマイシン」という成分があるのですが、なんと桑の葉でしか発見されていない成分なんです。主に糖の吸収を抑える働きが期待できますので、甘いものやご飯を食べたいときに併用すると、ダイエット効果が期待できると言えます。

つまりデオキシノジリマイシンには血糖値を抑える働きもあるということになりますから、糖尿病が気になる方には強くオススメしたいですね。特に食前に少し飲みつつ、ご飯と一緒に飲んでいただければ、一般的な血糖値を抑える薬と同程度の効果が期待できるというから驚きです。

そんな桑の葉ですが、お店などではなかなか見かけませんので、入手するには少々厳しい状態です。お近くに桑が生えているようでしたら、採取するというワイルドな方法もありますが、誰かの土地でとってしまうと少々問題です…。かといってなかなかお店でも見かけませんから、お試しいただくなら市販されている桑の葉入り青汁を購入するのが無難でしょうね。これなら比較的入手しやすく、手軽に飲むことができます。

健康効果が最近になって詳しくわかってきたものだけに、まだまだ入手しにくい状態ですが、桑の葉の栄養効果は相当なものです。そんな桑の葉入り青汁を、あなたも試してみませんか。健康効果は相当なものですし、値段もお手頃です。