野菜と放射能の関係を解説

野菜を使うジュースだから気になる…放射能のリスクを考えよう

年不安視されている、野菜などに含まれる放射能。原発の事故から大きく取り上げられていましたが、数年後はあまり報じられることは無くなりました。それでは、放射能のリスクはもうなくなったのでしょうか。結論から言うと、ある!…かもしれません。

放射能は目に見えません。ですので確認は困難で、専用の測定器を使い計測します。当初はホウレンソウなどの葉が大きく空気中にさらされるものは大きな影響を受け、危険でした。現在は測定値は低下して、比較的安全度は上がっています。ただ、「安全度は上がっている」だけで、依然として放射能値は他の地域と比較して大きい…というのが正直なところです。

とはいえ、国内には放射能基準値が設定されており、これ以下の値なら安全という基準がありますので「比較的」安全と言えそうです。乳幼児は、大人と比べて放射能に対する抵抗力が弱いと言われています。(3~10倍程度との噂ですが、根拠は不明です)ですので、気になるようでしたら生産地をしっかり確認した上で購入していただければと思います。

前例が少ないため、放射能が体にもたらす影響はまだよくわからない…というのが正直なところですが、避ける、避けないは各自の安全基準に委ねるのが良さそうです。ただ、日本の放射能基準を信じるならば、(あまり無責任なことは言えませんが)概ね安全と言えます。個人的には放射能基準をあまり気にしていません。加工品にもこういった野菜は使われていることがありますし、気にしすぎると気が滅入るタイプですので…。

あとは「他より放射能が多くて不安だ」というイメージですね。このイメージがあるからこそ、やはり躊躇してしまうのではないでしょうか。結果として放射能リスクが少しでもある地域でとれた野菜は市場から敬遠され、結果として現地の農家は大きな経済打撃を受けています。そういった地域の活性化を図る意図で野菜を買うのも、またひとつの価値観と言えるのではないでしょうか。買う、買わないは、あなた次第です。