青汁で尿酸値を下げる方法

毎日飲むものだからできる!青汁で尿酸値を下げる提案

健康を図る1つの数値に、「尿酸値」というものがあるのはご存じでしょうか。主にお酒を飲み過ぎると上昇する値で、高くなりすぎると痛風やその他合併症を引き起こしてしまう危険もあります。もしも健康診断で尿酸値が高い、と言われ場場合、食生活の改善で少しずつ良くなっていきますが、青汁を飲むことで、更に正常値に戻すことも可能です!では、青汁でどうやって改善していくか、解説していきましょう。

まず、尿酸値が上がる原因は「プリン体」と呼ばれる物質です。これは殆どの食べ物に含まれる物質で、特にビールが高くなっています。最近ではプリン体カットのビールが見られるようになりましたね。その他レバーなどにも多く含まれますので、尿酸値が気になる方はご注意ください。できればフルーツも避けて下さい。果糖が尿酸を促してしまいますので。

改善に最も効果的なのは、尿をアルカリ性にする食生活です。青汁で使えるならば、ニンジンやほうれん草、アスパラなどは有効です。これ単体では飲みにくい青汁になりますので、牛乳で割ったりオリゴ糖などで飲みやすくするのは有効ですね。当たり前のことですが、青汁を継続して飲むことが、改善への道です。前述した果糖ですが、バナナはアルカリ性ですから、たまにはいいかもしれません…。(入れ過ぎ注意ですが)

使う材料によっては効果が無いものもや、逆に尿酸値を上げる恐れのあるものもありますのでご注意ください。実はケールには以外と多く、100gあたり40mg程度のプリン体が含まれています。これはビール700~800ml相当になりますので、以外に多いことがわかるのではないでしょうか。ですので、尿酸値が気になる場合の青汁は、ケールを避けるのが無難です。しっかり理解して、効果的な選択を行いたいですね。

尿酸値の改善には食生活の他に水を沢山飲んで尿酸を排出することも有効ですし、散歩などの適度な運動をするのも有効ですから、食生活の改善と併用して活用頂ければ、より早い改善が見込めます。2~3日で改善できるものではないので毎日の習慣が大切ですが、無理のない範囲で実行していただければ幸いです。